と飲み物の飲み合わせ

気をつけたい薬と飲み物の飲み合わせ

一般的に、薬は水やぬるま湯で服用する事が理想的といわれています。
これは、水以外の飲み物と薬を一緒に飲んだ場合、飲み合わせによっては相互作用がおこって、薬の効きめが左右されたり、あるいは、副作用が発現しやすくなるなどの影響が出るからです。
私たちが日頃口にすることの多い飲み物と薬の飲み合わせに付いて考えてみました。

その答えは、からだの中に入った薬が効果を発揮するまでに通る過程にありそうです。
では、体内での薬の行方を追ってみましょう。

一般的に服用した薬は主に小腸から体内へ吸収され、血液の流れに乗って肝臓、さらに心臓を経て全身へと送られ効果を発揮します。その間、薬は小腸や肝臓で薬物代謝酵素により代謝・分解されます。

薬と飲み物の相互作用は、主に、飲み物に含まれている成分が小腸での薬の吸収や薬物代謝酵素の働きになんらかの影響を与えるためにおきると考えられています。

薬物代謝酵素への影響が原因となっておこる相互作用

グレープフルーツに含まれる特有の成分が、小腸の薬物代謝酵素の働きを妨害することにより、薬の代謝が遅れ、血液中の薬物濃度が異常に上昇して、薬が効きすぎることがあります。
※この相互作用はグレープフルーツジュースだけでなく
 グレープフルーツそのものでもおこります。

水で服用した場合、グレープフルーツジュースで服用した場合

薬の吸収への影響などが原因となっておこる相互作用

牛乳と

一部の抗菌薬

グレープフルーツに含まれる特有の成分が、小腸の薬物代謝酵素の働きを妨害する
ことにより、薬の代謝が遅れ、血液中の薬物濃度が異常に上昇して、
薬が効きすぎることがあります。
※この他、カルシウムを多く含むヨーグルトなどでも、同様の相互作用がおこることがあります。

一部の抗真菌薬

脂肪分によく溶ける性質がある一部の抗真菌薬は、脂肪分の多い牛乳と一緒に飲むと消化管からの吸収が促進され、薬が効きすぎることがあります。
※この他、脂肪分の多い食事などによっても同様の相互作用がおこることがあります。

腸で溶けるタイプの便秘薬

通常、胃の中は酸性に保たれていますが、牛乳を飲むと一時的に大腸内と同じ中性になってしまいます。このため、本来胃では溶けずに腸で溶けるはずの薬が胃の中で溶け出し、その成分で胃が荒れたり、腸からの吸収が遅れて効果が弱まることがあります。

炭酸飲料と

一部の解熱鎮痛薬

炭酸飲料は、炭酸ガスにより飲み物自体が酸性になっています。このため、酸性の状態で消化管からの吸収が低下する性質のある一部の解熱鎮痛薬を炭酸飲料で飲むと血液中の薬物濃度が低下し、効果が弱まることがあります。

薬の服用ミニ知識

鉄は緑茶に含まれるタンニン酸と結合すると消化管からの吸収が悪くなるために、以前は「緑茶と鉄剤を一緒に飲んではいけない」というのが常識とされていました。しかし、さまざまな臨床試験の結果から、タンニン酸との結合による鉄の吸収低下は服用量全体からみるとごくわずかで、薬の効果にほとんど影響しないことが明らかとなり、現在では「鉄剤と緑茶は一緒に飲んでも問題ない」という考えが主流となりつつあります。

小児用の粉薬などの中には、ジュースや牛乳などに混ぜると飲みやすくなるタイプのものがあります。薬を嫌がる小さなお子さんに飲ませる際などに飲み物をうまく利用すると、これらの薬をスムーズに服用させる事が出来ます。ただし、薬によってはジュースなどに混ぜる事でかえって苦みが増してしまうものもあるため、医師・薬剤師に相談し、指示に従うようにしましょう。

薬と飲み物の相互作用について一例をご紹介しました。これらの相互作用は、患者さん一人ひとりの体質や体調に左右されることもあり、誰にでも一様におこるわけではありません。また、同じ働きをもつ薬でも、成分によって相互作用のおこるものとおこらないものもあります。
自己判断で薬の服用を中止することは大変危険です。薬は医師・薬剤師の指示に従い、正しく服用することが大切です。

現在地:トップページ薬と飲み物の飲み合わせ