フケと薄毛の関係|フケ原因対策

フサフサへの道

薄毛とフケの関係。

過剰なフケは薄毛への第一歩といわれています。というのも、大量の髪が抜け始める前には多くの場合、過剰なフケがでたり、かゆみを伴ったりすることが多いからです。
薄毛とフケは具体的にどのように関連しているのか?今回はフケと薄毛について考えましょう。

まず最初に、フケって何?

頭皮はおよそ28の層でできていてその一番下の基底細胞が毎日分裂し、新しい層が作られています。各層は頭皮表面へと押し上げられ、徐々に角質化していきます。この角質化した古い細胞はやがて役割を終えて頭皮から剥がれ落ちます。それが吹けといわれるものです。
フケは乾性のものと脂性のものがあり、頭皮の状態と同じタイプのフケが発生します。頭皮は乾燥肌、脂性肌、通常肌の3パターンあり、皮脂量の多さによって頭皮の状態を規定しています。

フケと薄毛について

フケは新陳代謝によって起こるので基本的に避けることができません。しかし通常よりもあまりにも多い場合にはフケ症と呼ばれ、かゆみを伴う場合があります。通常、新しい細胞がフケとなってはがれるまでの期間はおよそ1ヶ月ですが、ホルモンの分泌や栄養バランスの異常、細菌の異常繁殖によってこのサイクルが短くなるとフケが増大します。フケが急に増えることはこのように男性ホルモンの分泌や栄養バランスの異常が原因ですので薄毛の前兆といわれています。

フケが多いことが薄毛になるのではなく、薄毛になる前兆としてフケが大量発生すると考えるのが正しいと思います。ですからフケ症の方でも脱毛に結びつかない方もいます。しかし、薄毛で悩んでいる方でフケが大量発生しだしたらそれは要注意と考えるべきでしょう。

改善法は?

先ほども記したようにフケには乾性と脂性の2種類のタイプがあります。それぞれ全く違ったタイプの頭皮の状態ですので適切な処置をしないと逆効果になりますのでご注意ください。

1、脂性のフケの対策
脂性のフケはべたべたしているので取れにくく、毛穴に残ることで毛穴を詰まらせ、毛が生えてくる道をふさいでしまうので要注意です。また、フケが細菌のえさとなって繁殖し、炎症を起こすケースもあります。かゆみを伴うのはこのような原因も考えられるので注意が必要。これを脂漏性脱毛症といいます。こうなったらすぐに皮膚科で診察が必要です。そうなる前に毎日のケアが重要です。
脂性のフケ対策は、フケを落としてためない様にするのが一番の課題です。毎日シャンプーをしっかりして皮脂やほこり、雑菌をまめに落としてください。また、食生活で脂物を取りすぎている場合もこのようなフケが出やすくなります。食生活を見直し、脂物を控え、ビタミンをしっかりとることが重要です。コンビニなどの食事に偏ると脂物が多くなりますので気をつけてください。

2、乾性のフケ対策
こちらは若い方に多いタイプです。その原因は洗浄力の強いシャンプーによって必要以上に清潔を保とうとしてシャンプーしすぎる場合が多いようです。このタイプは皮脂を取りすぎることが原因となっているようです。皮脂のとりすぎによって頭皮がかさかさになり、毛穴が炎症を起こして粃糠性脱毛症になる危険性があります。

フケは脱毛のシグナル!

最初にご説明したようにフケが過剰に出るということはあなたの体がどこかで異常をきたしているシグナルだと考えてください。
そしてそれをそのまま放置しておくと薄毛につながる可能性が高いということも。

その中で自分のフケ原因はなんなのかをよく考えてください。ここでおさらいすると、フケには脂性と乾性があり、脂性のフケは脂漏性脱毛症に、乾性は粃糠(ひこう)性脱毛症になる可能性が高いということです。
そして脂性のフケ原因はホルモンの分泌や栄養バランスの異常、細菌の繁殖によって起こりやすいということ。乾性のフケは皮脂のとりすぎから起こることが多いということです。
ということは、

を行うことにより、フケを防ぐことができそうですね。

ホルモン分泌の抑制
ホルモン分泌の抑制はその成分が入った育毛商品が売られています。フィナステライド、ヒノキチオールや βグリチルレチン酸などの成分があります。しかしこれらの抑制は性欲減退や精液量の減少などの副作用が報告され、身体にとっての疑問は少なからず残ります。

栄養バランスの正常化
栄養バランスを整えるためにはバランスのよい食生活が不可欠です。しかし、現代の忙しさの中でそのバランスのよい食生活を毎日実践するにはかなりの努力が必要です。薄毛で悩む方の多くはストレスや不規則な生活、仕事に追われているのが現状です。そんな方をサポートするのがヘアケアサプリメントHattoです。Hattoは飲み始めるとフケが収まることはモニター結果で実証されています。ですから忙しくて規則正しい食生活を送れない方にもおすすめです。

シャンプー方法の見直し
シャンプーは自分の頭皮のバランスをしっかり見極め、乾性の方はやりすぎに注意し、脂性の方はより豆に行うようにしましょう。ポイントはとにかくよくすすぎをすることです。そしてシャンプー後はしっかりと水気をタオルでとることが重要になります。

このように3つのことをしっかりと自分の頭皮と相談しながら何が足りて何が足りないのかを見極めながら行ってください。
ヘアケアサプリメントHattoのページもご覧ください。かわいい??犬があなたのお越しをお待ちしています。

現在地:トップページフサフサへの道