飲む育毛剤・発毛剤通販| フサフサへの道

フサフサへの道

タイプ別で選ぶ育毛商品。

世の中にはさまざまな育毛関連商品があります。育毛剤、マッサージ用ブラシ、育毛サプリメント、皮脂を除去する機械、育毛シャンプー、石鹸、お茶?、などなど数え上げたらきりがありません。その中で私たちもヘアケアサプリメントを販売しているわけですが、買う側のお客様にただ一方的な商品のアピールではなく、育毛の仕組みを客観的に知っていただこうというのがこのコラムの狙いです。

前回のコラムにも書いたように薄毛の原因にはいくつかのタイプがあります。
そのタイプに応じて適切な対策を打つことが一番重要です。

<薄毛のタイプ1>

「栄養障害型」
髪の成長に必要な栄養が足りないため毛乳頭にいきわたらず、毛母細胞の正常な細胞分裂ができていないがために育毛に支障が出ているタイプ。

<対応策>
髪に必要な栄養はたんぱく質とビタミン、ミネラル。特に不足しがちなのがたんぱく質をアミノ酸に変えるために必要なビタミンB6やビタミンE、そして亜鉛などのミネラルです。食事をする際には根菜類、海草、ゴマ、ナッツなどの木の実を積極的にとることをおすすめします。

<注意点>
食事だけでは十分な栄養を取れないのが現状です。また、食事による栄養だけでは抜けてしまったものを元に戻すのは至難の業。食事さえできていれば髪は生えてくるというのは過度の期待です。ただし、この栄養面がしっかりできていない限りは他のどのような手を尽くしても無駄になる基本中の基本です。しっかり押さえてください。

薄毛のタイプ2

もし仮に栄養をきちっと取れている場合(なかなか食事だけでは自分が考えるより難しいですが)、せっかく摂取した栄養が毛乳頭までいきわたっていない可能性があります。その主たる原因は血行が良くないこと。もともと血液は頭部、足といった心臓から遠いところまでいきわたりにくいという性質があります。その上頭部は人間の身体で毛細血管がもっとも多く張り巡らされていることろでもあるためより多くの血液を必要とします。しかし不規則な生活、睡眠不足、ストレス、血中コレステロール、ビタミンEの不足などの影響で血行が悪い方がとても多いのが現状です。

<対応策>
血行は体温が温まることによって活発になります。ですから湯船にゆっくりつかることによっても血行を促進できます。またマッサージ(特に首)を行うことも有効です。ストレスが血行を悪くするのは意外と知られていない事実です。詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。肉や脂分のとりすぎによって起こる血管の収縮も大きな原因の一つ。動物性たんぱく質ではなく、大豆製品をとることや食物繊維、ビタミンEを取ることもとても重要です。また毛細血管を拡張させることにより育毛を促進するための育毛剤にリアップ、ロゲインなどのミノキシジルを成分としたものもあります。

<注意点>
ミノキシジルを成分とした育毛剤は現在では最も育毛効果が高いものという評価を受けています。しかし気をつけなくてはならないのはこのタイプは副作用も多く報告されていることです。特に低血圧の方や心臓に不安がある方は使用できませんし、男性生殖機能障害になるというケースもあります。また使い続けなくてはならず、使用をやめると抜け毛がまた発生するという報告も数多く上がっています。

薄毛のタイプ3

頭皮の状況が悪く、髪が生えようとするのを頭皮が邪魔する場合もあります。これは毛穴に皮脂がたまり、皮膚呼吸を妨げている場合と、これまた皮脂がかたまったり頭皮の細胞が傷つき、毛が頭皮の上に顔を出せないといった場合があります。皮膚が弱い方は特にシャンプー剤の合成界面活性剤が頭皮を傷つけたりかぶれさせたりします。また薄毛の方はこれ以上の薄毛を心配して気になる部分をなるべく洗わないようにするといった傾向もあり、皮脂がたまってしまうこともあります。

<対応策>
毎日しっかりシャンプーすることが基本です。またできれば天然成分でできたシャンプー剤をしようすることをおすすめします。そして皮脂は体内に入れる脂分によって大きく影響します。よく焼肉や脂っぽいものを食べた次の日には鼻のまわりが手買っていたという経験はありませんか?顔に出てくる脂分はそのまま同量が頭皮からも分泌されています。肉よりも青魚と納豆、豆腐などの大豆製品を積極的にとるようにしましょう。

<注意点>
皮脂はとりすぎてもいけないというのをご存知ですか?毎日2回も3回もシャンプーをして皮脂を落とそうとする人も中にはいるようですが皮脂は天然のトリートメントです。ほこり、雑菌から髪や頭皮を守ってくれる役割を果たします。毎日1回シャンプーをしっかりしていれば大丈夫です。しかし今までのたまった皮脂が固まってしまっている場合には一度除去したほうがよいかもしれません。

このようにタイプによって薄毛の原因があります。この中でHattoが効果を発揮するのは1と2のタイプです。食事だけでは補えない髪に必要なMSMやミレットなどの栄養分を補い、身体から健康にすることにより栄養が毛乳頭にいきわたりやすくします。
3についてはたんぱく質の摂りかたを肉から大豆に変えること、シャンプー方法を適切にすることによって大きく改善されると思います。

もし興味のある方は
ヘアケアサプリメントHattoのページをぜひご覧ください。かわいい????犬が貴方をお待ちしています。

現在地:トップページフサフサへの道