飲む育毛剤・発毛剤通販| フサフサへの道

フサフサへの道

育毛・発毛のメカニズムを検証。

育毛・発毛と脱毛のメカニズムは果たしてどのような相関関係があるのでしょうか?
人間の髪の毛は正常な方で約10万本といわれています。髪の毛は普通5年から8年で生え変わるといわれていますからそれを一日あたりに直すと50本から70本は抜け替わることになることはよく知られた事実です。そして問題なのは抜けることではなく、抜けたところから新しい毛が生えてこないことであることだというのも周知の事実ですね。

人間の毛髪は、皮膚の表面にでている毛幹と皮膚内部にある毛根に分けられます。そして毛根の根元は球状にふくらみ、毛球と呼ばれています。その下に毛乳頭という膨らんだ部分があり、そこから必要な栄養を取り込んでいます。毛乳頭で取り込まれた栄養は毛母細胞へと運ばれ細胞分裂を起こします。細胞分裂を繰り返すことにより毛髪は成長していくのです。

その細胞分裂に最も必要な栄養がアミノ酸です。各種アミノ酸が毛乳頭に届き、毛母細胞の細胞分裂を起こさなければ健康な髪は生えてきません。アミノ酸は体内で生成することができないため良質なたんぱく質と、それをアミノ酸に変えるビタミン(特にビタミンBとE)を食事から補わなければいけません。

薄毛の原因としては毛乳頭にいきわたるだけの十分な栄養が不足している場合と、栄養を補給してもその栄養が血管の詰まりなどによって毛乳頭まで届かない場合、仮に届いたとしても頭皮の状態が適切でないなど(皮脂が詰まるなど)によって成長しようとする髪を押さえつけてしまっている、そして皮脂の過剰分泌によって5αリダクターゼという物質が髪を抜けさせようという4つがあります。

その4つの原因を改善するためにさまざまなタイプの育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリメントなどの育毛関連グッズが販売されているわけです。

まずこの育毛、発毛のメカニズムを理解しておく必要があります。そうすることによってまず自分の薄毛の原因がどの要素から来るものなのかを予想し、なぜ自分はこの商品を買うのか、このサロンに通うのか、という目的をはっきりさせてください。

その中でも特に今多いのが必要な栄養が取れていない「栄養障害型」と育毛に必要な栄養のみをサプリメントなどで仮に取れていてもストレス、不規則な生活、コレステロールや内臓脂肪などによって毛乳頭まで栄養が届かない「血行障害型」です。

その二つのタイプは特に20代前半から40代後半までと幅広い年齢層に多く、近年の薄毛人口増加の大きな原因となっています。

ヘアケアサプリメントHattoは主にこの2つのタイプの薄毛の方を対象に作られています。もし興味のある方はこちらまでどうぞ。

もし興味のある方は
ヘアケアサプリメントHattoのページをぜひご覧ください。かわいい????犬が貴方をお待ちしています。

現在地:トップページフサフサへの道