飲む育毛剤・発毛剤通販| フサフサへの道

フサフサへの道

育毛剤に頼るな!育毛剤だけでは成功しない理由!

~なぜなら育毛剤の育毛に果たす役割は一部にすぎないからだ!~

皆様こんにちわ。今世界中には育毛剤が溢れかえっていますね。インターネットで「育毛剤」というキーワードで検索する人は月に日本だけでも3万人を超えるといわれています。テレビCMでも育毛剤のCMを見ない日はありません。皆さんの中にも育毛剤を使っている方は多いと思いますが、実は育毛剤だけではあなたの髪は取り戻せないよ!というちょっとショッキングなお話です。
※その前に誤解がないようにひとつ言わせてください。このコラムは育毛剤を販売するどの業者さんに対しても文句を言うものではありません。ただし私たちが信じているヘアケアの考え方をお伝えするものです。

それでは本題に参りましょう。まず最初に育毛剤の種類についてです。育毛剤は以下の3種類に大きく分類されます。

育毛剤の種類その1:5αリダクターゼを抑制するもの

抜け毛の原因のひとつとして5αリダクターゼという酵素が男性ホルモンと結びつき発生する5αDHTという物質が大きく影響していると言われています。5αリダクターゼを抑えることにより育毛を促進しようと考えるのがこのタイプです。

育毛剤の種類その2:毛細血管を拡張させるもの

リアップやロゲインなどミノキシジルという成分が配合されていて、毛細血管を拡張させることにより血流をよくし、毛乳頭に酸素と栄養を運び、細胞分裂を活発にしようというタイプです。今一番効果があるとされていますが、副作用も多数報告されています。

育毛剤の種類その3:毛根に栄養を与える作用のあるもの

頭皮から栄養を直接血管に送ろうとするものです。ブドウ糖などの成分を外から送るものですがこの育毛剤の効果は一般的には乏しいとされています。

以上が育毛剤の種類ですが、どのタイプの育毛剤もそれ単品では満足な結果が得られていないのが実情です。
ではそれはなぜでしょうか?

育毛剤の疑問その1

男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤ですが、5αリダクターゼは皮脂線から分泌します。正常な身体であれば皮脂を抑えればそのぶん多量に分泌されますので5αリダクターゼを抑られるかどうかは疑問です。実際にその手の育毛剤を使用することにより頭皮が脂っぽくなったり、逆にかさかさになったという報告もあるからです。

育毛剤の疑問その2

毛細血管を拡張させる育毛剤の一番大きな問題点は、毛細血管を拡張させて栄養が送られやすくなっても十分な栄養が送られるかは別問題だということです。育毛に効果的な栄養素を現代の不規則な食事だけで補えているかというところに目を向けなければなりません。育毛剤で血管を拡張する前にしっかりと栄養をとっているかの方が重要なのです。ですからこの育毛剤は単品ではなく育毛サプリメントと併用するほうがよいでしょう。しかしこのタイプの育毛剤は心臓病や高血圧などの方は使えませんので使用上の注意を守ってお使いいただかないと危険です。

育毛剤の疑問その3

最後に栄養を与えるタイプの育毛剤ですが、栄養を身体の外側から与えるのはものすごく非効率です。例えばビタミンが足りないから身体の外から皮膚に塗りますか?目薬などは外から刺しますがあれは刺激を与えて爽快感を与えるのが役割で、成分は吸収していません。基本的に人間が外から栄養を補給する(口に入れずに)のはほとんどの場合において不可能です。ですから育毛剤で外から血管に栄養を与えるのは無理と考えたほうがよいでしょう。育毛剤をかけるとスーッとしますがあれは刺激があるためそのように錯覚してしまうので、育毛剤が栄養を与えているのではありません。

育毛剤に頼り切ってはダメ。その前に髪に栄養を与えよう!

育毛剤は育毛にとって副次的な役割しかしません。育毛剤を使っているからそれだけで髪が元通りになることはありません。もしそうだとしたらその方はしっかりとした栄養が取れている方だと思います。現代において3食しっかり食べていても育毛に対して健全な食事とは程遠いはずです。ですから育毛剤は副次的なものということを理解し、髪に栄養を与える、それも身体の中から与えるということを理解してください。それが一番自然だし安全だし早道の育毛法だと確信しています。

私たちはヘアケアサプリメントHattoをおすすめしています。育毛はまず身体の中から髪にいい成分を送ってあげることだと考えているからです。モニター結果でも80%以上の方が抜け毛が減ったなどの効果を実感しています。そのモニター結果から「育毛は身体の中から健康にすることだ」という私たちの考え方に確信を持ちました。育毛剤で効果がなかったら試してみるといいですよ。

身体の中から育毛を応援します。ヘアケアサプリメントHattoのページもぜひご覧ください。かわいい????犬が貴方をお待ちしています。

現在地:トップページフサフサへの道