飲む育毛剤・発毛剤通販| フサフサへの道

フサフサへの道

育毛とストレスはどう関係があるのか?

ストレスは髪によくないと言うのはよく聞くところだと思いますが実際なぜよくないのかと言うのをご説明したいと思います。
その前にストレスとは何なのでしょうか?一般的にストレスとはとてもよくないイメージがありますよね。しかしストレスとは「人間が外部から受ける刺激」のことで、どんな人間も必ずストレスを受けているのだと、カナダの生物学者ハンス・セリエ博士は自身の「ストレス学説」のなかで言っています。

例えば目標・夢・恋・スポーツなどもストレスの一種で、これを一般的によいストレスと呼んでいます。逆に過労、悪い人間関係、不安などを悪いストレスと言います。
ここでは”悪いストレス”が髪に及ぼす悪い影響についてご説明します。

育毛にストレスがよくないわけその1

例えばあなた周りでなにかとても嫌なことが起こり、強いストレスを感じたとします。するとそのストレスから身体を守るため、本能的にアドレナリンが大量に分泌されます。アドレナリンの作用によって実は毛細血管は収縮します。すると毛乳頭への血流が悪くなり、酸素と栄養が取り込めなくなるので脱毛の原因となります。

育毛にストレスがよくないわけその2

さらにノンアドレナリンという毒性の強い成分がでてきます。脳は興奮状態となり神経過敏症になります。よくストレスで眠れないというのはこの神経過敏症になっているからです。神経過敏症になると脳に大量の血液が必要になります。そんなとき人間の身体はよくできているので非常事態になったと脳が判断し、特別命に関係のない頭皮などへの血流を抑えて脳に血液をまわすようになります。
血液が足りなくなると体温が下がります。特に血液が通いにくくなった頭皮の温度は下がり、毛髪の生成が正常に機能しなくなります。また内蔵の温度が下がってホルモンバランスがくずれ、育毛生成が弱くなります。

育毛にストレスがよくないわけその3

さらに性ホルモン・消化ホルモン・副腎ホルモンなどが異常をきたし、副腎皮質から分泌されるコルチゾール、成長ホルモンなどを減少させます。すると毛母細胞の核分裂が低下して毛周期が短縮したり頭皮が薄くなって柔軟性が失われていったりします。

育毛にストレスがよくないわけその4

さらにはストレスから身を守ろうとするアドレナリン作用の影響で皮脂腺が活性化して皮脂が必要以上に分泌されます。さらに頭皮の温度が下がっているので皮脂は固まりやすく、固まってしまった皮脂は毛穴を詰めてしまいます。(皮脂をとりすぎるのはよくないと説明していますがもちろん分泌しすぎもよくないのです。)

以上のようにストレスは髪や身体の成長に対してよくないことは医学的に証明されています。それではどうすればいいのか?ということですね。
今悪いストレスを受けずに人生を送ることははっきり言って不可能に近いでしょう。もちろん受け止め方で大きく違いますからどんなときもなるべく前向きに生きていくことは大切ではありますがきれい事だけではストレスはなくならないし髪も抜けてしまうでしょう。

実はこれには解決法があるのです。
その続きは次号でお話します。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ストレスに負けない髪を作るヘアケアサプリメントHattoのページもぜひご覧ください。かわいい????犬が貴方をお待ちしています。

現在地:トップページフサフサへの道