飲む育毛剤・発毛剤通販| フサフサへの道

フサフサへの道

育毛と夏の食生活について!

夏は髪にとってよくない季節、危険な季節です。それはいったいなぜなのでしょうか?
大きく2つの原因が考えられます。

汗をかきやすく、頭皮が蒸れやすい。

汗をかきやすく、頭皮が蒸れやすい夏はごみや皮脂が頭皮にたまりやすくなっています。皮脂の分泌は冬に比べて若干多くなりますが、清潔にしていれば(一日一回程度の洗髪)大丈夫だと思います。本当の原因は逆のような気がします。というのは、夏は汗をかきやすいので、シャワーを浴びる回数が増えてきます。そのためシャンプーの回数が増え、しっかりとした洗髪方法をしていないで、シャンプー剤などが髪に残り、それが頭皮をいためている場合が考えられます。夏はどうしてもぬるい(水の場合も多い)お湯で頭を洗いがちになるため、シャンプー剤が残りやすくなるのも一つの原因でしょう。

しかし、もっともっと大切な原因が、夏の食生活と大きくかかわりがある髪の栄養面のことなのです。
それでは夏はなぜ髪に栄養がいきわたりにくいのでしょうか?それは大きく分けて3つの原因に分けられます。

1 夏はどうしても食欲が不振になりがちです。ですから髪に必要な栄養素を取る機会が減ってきます。例えば夏によく食べる食べ物ってなんですか?カレー、そうめん、とうもろこし、トマトにきゅうりの生かじり、冷奴に枝豆と言ったところでしょうか。詳しく説明すると長くなってしまうのですが、夏の食事では髪に必要な栄養がとりにくい食生活になります。例えば亜鉛が豊富な牡蠣は冬の食べ物ですし、高野豆腐や豚のレバー、いわしなど、冬に比べて消費量が落ちます。(煮物で食べるものが減るからです)。また、野菜を一番知らず知らずのうちに多く食べられる炒め物を食べる回数が激減します。生野菜は食べているようで、あまり量を食べられていなかったり、ビタミンもCに偏り、それ以外のビタミンが取れていない場合が多いのです。

そして、2番目が一番大きな原因となっています。と言うのは、夏は身体の疲労や紫外線対策など、ビタミンやミネラルが普段に比べて多量に消費されます。その上睡眠時間が少なく、寝ている間の体力消耗も普段に比べ多いため、髪に行くまでに、栄養素が身体のさまざまな機能を正常にするためにとられてしまいます。ですから、栄養の吸収力も落ち、その上髪にいきわたりにくいのです。

そして、夏はビールをはじめとするアルコールの消費量が増えます。通常でしたら、私はアルコールをそこまで育毛に重要視しないのですが、夏は食事を取らずにビールを飲む方が多くいらっしゃいます。お酒はいいですが、しっかりと食事を取りながら飲むことが必要です。特におすすめのおつまみは豚、鳥のレバーやアーモンドなどのナッツ類などです。

以上、夏には栄養が不足しがちな上に、栄養が多量に必要です。無理してでもしっかり食べる癖をつけないといけません。習慣になれば食べれなかったものが食べれるようになります。しっかりと食事を食べれる身体作りに有効なのがお酢です。お酢はアミノ酸が豊富で疲れを取り、食欲を増進させてくれます。

夏の健康と、育毛のために夏こそ栄養をしっかり取りましょう。
夏は必要な栄養素を食事からだけではとりにくい時期。サプリメントを活用してでも、栄養をしっかり取りましょう。
秋の必要以上の抜け毛は夏の栄養不足が原因です。

夏の栄養をしっかりとるためにヘアケアサプリメントHattoのページもぜひご覧ください。かわいい????犬が貴方をお待ちしています

現在地:トップページフサフサへの道